子育て

子育てに時間が持てる会社への転職をする際の注意点

・悩み

残業が多く子育てをきちんとできていない気がします。

子育てしながら仕事ができる会社はありますか。

子育て重視の転職先はありますか。

・この記事を書いたのは

38歳会社員。妻と子供(3歳の男の子)の3人暮らし。

子供が生まれた時から、夫婦で育児、子育てに悩みながら、毎日をギリギリに生活してきた人。

子育てに必要なのは、子供との時間です。

今、働いている会社は、子供との時間が持てる会社ですか。

子育てをしながら働ける会社への転職を考えている方にまず注意すべきことを紹介します。

  • 子育てと転職

子育てがはじまると転職を考える人が多いです。

なぜか。子育てをしながら働くのは、肉体的、精神的、金銭的に厳しいからです。

子供が1歳くらいになると保育園に入れる方が多いです。

そして、感じます。保育園に子供を預けて仕事に行っていることは、正しいのか。

今の仕事は、子供の教育にいいのか。

そして、転職を考えます。

子供と長くいることができる仕事はないのか。と

2、転職する職種

転職する職種の方に多いのは、

・飲食系

・アパレル系

・運送系

転職しない方もみえますが、転職する方が多いですね。

飲食とアパレルは土日祝日がお仕事なので、子供との時間が少ないですね。

運送系は、体力的に難しくなってきます。

3、転職のメリット・デメリット

転職するメリット

・気持ちを入れ替えて仕事ができる

・新しい人間関係ができる

・複業ができる会社を探せる

転職するデメリット

・慣れない仕事

・慣れない人間関係

・給料が下がる場合がある

・転職の際の手続きが面倒

4、転職よりも個人で稼ぐ

転職にメリットやデメリットがありますが

転職よりも自由に働けて多く稼ぐことができるのは

個人で仕事をすることです

お家で今や仕事ができます

動画編集、プログラミング、オンライン教室などなど

転職もありますが、個人で持っているスキルを活かしてみるのもいいのでは

5、子育てに必要なものは、人それぞれ違う

子育てに間違いはありません。

犯罪を起こしたり、人に嫌われるようなことをしなければ、子育てに間違いはありません。

あなたの子育てはあなたが作ります

私がとやかく言うものではありません

すべて正解であり、不正解でもあります

まとめ

子育てにおける転職はありだと思います。

子育て時期はたくさん悩みます

子供たちには悩んでいる姿を見せたくないです。

だから

私はブログをやり続けます

-子育て
-,

Copyright© Kazuki Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.