子育て

仕事と育児を両立することは無理かもしれない

悩み

現在、仕事と育児の両立をなんとかしようと頑張っています。このまま続けられるか不安です。

仕事と育児を両立している人の生活スタイルを知りたいです。

今まで、バリバリ仕事をしてきました。今、育児休暇中ですが、仕事と育児が両立できるか不安です。

伝えたい人

現在、育児休暇中のみなさん

これから育児休暇に入るみなさん

これから育児休暇になるご家族

自己紹介

営業一筋16年。育児4年目。嫁と二人で育児に向かい合い、ギリギリ生活してきた人。

仕事と育児は両立できるのか

はっきり言います。仕事と育児は両立できません。

何と〜!!

と思った方、説明します。

そもそも

仕事と育児は別物です。

仕事は、自分から進んで行うことです。

そして、何かしらの対価を得るものです。

お金ではない場合もあります。

育児は、絶対無二の存在である子供を育てることです。

誰かに頼まれたからするものではありません。

対価を得ることはできません。

24時間365日。

子供が成長するために、つきっきりになります。

そんなことは無いだろう。

と思ったあなた。

育児をなめています。

経験したことがないから。

当たり前です。

育児のことは簡単に話すものではありません。

経験した人だけが、話せることがあります。

仕事を変えた方がいいのか

仕事は変えなくていいです。

仕事は、あなたの能力にあったものをしてください。

仕事は、あなたがやりがいを感じるものをしてください。

仕事で苦しんでいるのなら、今すぐやめましょう。

あなたにあった仕事を選んでください。

仕事と育児を両立する方法

仕事と育児を両立することはできません。

ただし

何に重点を置くか

決めることはできます。

朝9時から、昼15時まで仕事をしたい。

週3日、仕事がしたい。

リモートワークで仕事をしたい。

あなたは、どのような形で仕事がしたいですか。

私は、時間に囚われず、仕事がしたい。

面白い仕事ならば、寝ずに、風呂も入らず、三日三晩、仕事がしたい。

育児に重点を置きたいのなら

子供と付きっきりにいましょう。

夜中に目を覚ませば、一緒に目を覚ます。

ご飯を一緒に食べる

お風呂に一緒に入る

トイレに一緒に行く

買い物に一緒に行く

一緒に寝る

たくさんお話しをする

育児にあなたの要望は不必要です。

子供の成長を切に願うなら

あなたの時間は、保育園や幼稚園に入れるまで無くなります。

育児をしないことが恥ずかしいと思う日本人

昔から、子育ては、日本の文化みたいなところがります。

なぜ、ベビーシッターを雇わないのでしょう

外国では、ベビーシッターが当たり前です。

人に頼んで、自分の時間を作ることが下手な日本人。

育児で何が必要か。

あなたが元気であること。

あなたが元気でないことが

子供にとって、とても不幸です。

元気でいる方法を常に考えましょう。

子供は可愛い

自分の子供ほど可愛い存在はいません。

この感情は、子供がいなければ分かりません。

しかし

家族という存在があれば

同じ感情をわかっていただけるかもしれません。

なぜ仕事と育児の両立は難しいのか

仕事と育児は、根本が違います。

仕事をしている時間は、1日約10時間程度。

両立しようとするから難しい。

仕事は仕事。

育児は育児と分けて考えなければいけません。

育児が大変な理由

育児は、なぜ大変なのか。

育児の問題は一生解決できる物ではありません。

しかし、育児に悩んでいる方の多くはわかっています。

育児を放棄すれば解決すると

また、育児の問題を解決するには

育児は対応できる人数を増やすことを優先に考えるべきです。

仕事と育児を両立するために考えること

仕事と育児を別物と考えます。

仕事をする時間帯

育児をしていない時間を仕事に割り当てるか、育児そのものを仕事の時間にするか考えます。

いくら欲しいのか

お金が目的なら、仕事は選ぶべきです

家族の助けはあるのか

家族に助けを求めていますか。

一回でなく、2回も3回も。

どんな仕事をしているか

あなたの仕事は様々。あなたの仕事にあった育児との両立方法を考えてみてください。

まとめ

仕事と育児を両立しようと考えてはいけません。

育児に携わっているだけで、世の中の家事や仕事とは意味が違うからです。

育児はとても特別なものです。仕事と一緒に考えない方がいいと思います。

-子育て
-, ,

Copyright© Kazuki Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.